出張マッサージ師に必要な資格は?

最近は、多忙な仕事による疲労感を訴える人が多く、
出張マッサージを利用する方々が多くなってきたと
言ってもよいでしょう。

マッサージは人の体を直接もみほぐす仕事であるため、
それを業務として行なうためにはきちんとした資格が求められます。

では、出張マッサージ師になるためにはいったいどんな資格が
必要とされているのでしょうか。

マッサージ師に必要とされているのは、国で定められている
公的なものです。

一般には、あん摩マッサージ指圧師と呼ばれる免許です。
実際に、この免許を取得して業務を行なうことになりますが、
それ以外の医業類似行為を行なうことは違法とされています。

こうして国によって定められた、あん摩マッサージ指圧師としての
免許を取得するためには、厚生労働相によって認可されている
学校で三年間以上学習し、定められているカリキュラムを取得する
必要があります。

そしてその後、国家試験に合格しなければなりません。
それに加えて、出張を専門として業務を行なおうとする場合は、
出張届を提出し、受理される必要が生じます。

このように出張マッサージ師としての仕事は、しっかりとした
資格を取得し、出張届が提出されて初めて行なうことのできる業務です。

そのため、出張マッサージを利用する側も、安心して施術を
受けることができるでしょう。

特に、自分の家でリラックスしながら施術を受けられるという
メリットがあるため、その利用者は多くなっていると
言うことができるでしょう。

女性専用出張マッサージを呼べる場所

女性専用出張マッサージは基本的には自宅のベッドやクッションなどを
利用して行われることが多くなっていて、男性セラピストによる
アロママッサージやリラクゼーションを演出するので、自分の
いつも使っている部屋などで施術することでリラックスした時間を
過ごすことができます。

女性専用出張マッサージは清潔に管理されたタオルなどを
使用して、アロマオイルなどに関してもオーガニック製品を使うので、
体にも心にもやさしいマッサージを演出しています。

ホテルに出張する場合には基本的には仕事の都合で滞在している
女性が多く、また家族がいるなどの理由で自宅を使用することが
できない女性が使う傾向があります。

オフィスを使用する場合には一般的に事務所などで施術が
行われるのですが、リラックスをするためにクッションなどを使って
姿勢を整えることもあります。

アロママッサージの施術を受ける場合にはシャワーを浴びておくと
体が温まっているのでマッサージの効果が高まります。

出張マッサージで体調管理を

疲れが溜まってきたり、肩こりや腰痛などの体の不調を感じたりする時に
出張マッサージは効果的に利用できます。

普段からの健康管理の方法として体調管理を行うのにも、マッサージは、
血流を改善して筋肉や腱をほぐすことができるので最適な方法だといえます。

また、出張マッサージであれば自宅や滞在先のホテルまで整体師の方が
出向いて来てくれるため、よりリラックスしてマッサージを受けられるように
なるため、より高い効果が体感できるようになるのが特徴です。

いつでも、希望したい時間に予約をしておくことで出張マッサージに
来てもらえるので、お店まで出向くよりも気軽で落ち着いた環境で
受けられるというのも魅力です。

また、マッサージが終わった後もそのままくつろぐことも可能です。
マッサージの後は、適宜、横になって休むのが効果的だと
言われているので、出張マッサージは理想的な方法だといえるでしょう。

このように、普段から健康づくりのために体調管理を定期的に行うためには、
出張マッサージを活用することはお勧めです。

東京でオフィス出張マッサージを依頼するデメリットとは

東京でオフィスに出張マッサージを依頼するデメリットは
環境を変えられないことです。
治療院でのマッサージは場所を変えることができますが、
オフィスはいつもの環境の延長での施術になります。

東京の出張マッサージのサービスは幅広く、自宅や
宿泊先のホテルだけでなく、勤務しているオフィスに
出張できるサービスもあります。

オフィスに出張マッサージを呼ぶデメリットとしては
環境が変わらないので気分転換が少ないという意見もあります。

ただし、自分で治療院に出向くためには交通にかかる時間や
コストが掛かってしまいます。その分出張は通う時間や
コストのロスなくトリートメントを受けることができます。

深夜まで派遣してもらうことができるので、仕事終わりを
無駄なく活用することができるメリットもあります。

中には会社の福利厚生として呼応した出張マッサージを
利用される会社もあります。

ボディケアを受けることで気持ちも体もリフレッシュして、
ビジネスの効率を上げることもできるので、会社としても
利点が大きいのが特徴です。

セラピストはさまざまな手技をマスターしているので
整体やアロマ、タイ古式マッサージなど好みにあった
セラピーを受けることができます。

東京でのオフィス出張マッサージでお腹を重点的に施術してもらうには

オフィスに出張マッサージをしてくれるサービスが盛んになっています。
健康面はもとより、職場雰囲気の向上という面でも、
大きな成果が得られています。

東京には、お腹に的を絞って施術してくれるお店もあります。
企業内での社員の健康管理というのは、重要な経営課題と
なりつつあります。

体に不調を感じている状態では、仕事に専念することができませんし、
質の高い仕事も期待できません。

そこで、オフィスに出張マッサージを依頼する企業が、
最近は目立って増えてきました。

マッサージの効果には驚くべきものがあります。
頭痛や肩こりに悩んできた社員が、格段に症状が軽くなったり、
メタボでお腹の出ていた人が、標準的な状態に戻ったり、
見違えるような成果が報告されています。

体の調子が良くなれば、メンタル面でも前向きな発想になり、
仕事の上での有益なアイデアが次々と湧いて出たり、
職場の雰囲気が明るくなったりと、予想以上の
プラス効果が得られています。

出張マッサージの場合、専門のセラピストがオフィスにまで
きてくれますので、プログラムや使用器具については、
お任せでいけます。

ちなみに、東京には、お腹にターゲットを絞って
施術してくれるお店もあります。

東京でのオフィス出張マッサージを受ける際の服装は?

東京のオフィスに出張マッサージを呼ぶときの服装としては、
薄手のシャツなどを着ている状態でも良いのですが、
アロママッサージの場合にはうつ伏せになって
上半身の服を脱いで施術を行います。

東京のオフィスに出張マッサージを呼ぶときの服装としては
オフィスで出迎えるときには洋服を着ている方が良いのですが、
シャワーなどがある場合には浴びておくと、体が温まっているので
出張マッサージの効果を実感することができます。

オフィスに出張マッサージを呼ぶときはあまり目立たないような服装で
セラピストが来るのが一般的なので、気軽な服装で出迎えれば十分です。

施術が始まると上半身は服を脱がなければならないので、
オフィスに出張マッサージを呼んだ場合にはアロママッサージなどを
施術するのが難しい場合もあります。

しかし肩こりを癒やすなどのマッサージが施術可能なので、
肩や腰の疲れを癒やしたリラックスができるように施術を行います。

セラピストに関しては男性と女性を選ぶことができるので、
自分の好みに合わせて予約をすることができます。

施術内容としては一般的にはアロママッサージや
オイルマッサージ、リンパマッサージなどが多くなっています。