海外でも活躍!海外で利用されている「のれん」はどこで制作している?

のれんは、古くから伝わる日本らしい商品です。

のれんがひらりと風に揺れて、さっと光が
差し込むのは、何とも風情があって雅な感じです。

最近では、海外の人たちにも人気があり、
多くの人が購入しています。

のれんは、日本のものという印象が強いため、
その制作の多くは、日本でのオーダーメイドが
ほとんどです。

日本のお土産として自国に持って帰る場合は
より日本らしい古風なデザインが好まれます。

反対に、日本人が外国に行く際にも、お土産として
持って行くと、喜ばれる商品でもあります。

お店の日除けや目隠しなどに利用する場合でしたら、
看板を兼ねたようなデザインで、オーダーメイドする
感じです。個性を出す

横文字やイラストなどを取り入れて、お店の雰囲気に
合ったものを飾れます。

海外のほうが、お部屋のインテリアとして、
様々な使い方をしているように感じます。

たとえば、家の中の部屋の仕切りに利用したり、
人によっては、タペストリーのような感じで壁一面に
貼り付けて、観賞用にしてる場合もあるようです。

わざわざドアを外して、のれんに付け替える
ようなことも。高級感の演出

ちょっと小さいカーテンのような感覚で、
使われる場合もあります。

より日本らしいものを好まれる方は、日本での
制作にこだわりがあるようですが、中には
手作りで個性を出す人もいます。

日本の風呂敷や手ぬぐいを縫い合わせて、
一枚の大きなものに仕立てあげたりして、
手作り感を楽しむことも出来ます。

簡単に洗濯できる利点もあり、海外でも大活躍です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)