自宅でも活躍!インテリアに合う「のれん」の特徴とは?

のれんは、古くからお店の屋号を布地に
配置することで、そのお店が営業中であることを
示したり、寒さから家の中を守るために
用いられてきました。

今でも老舗のお店で見ることができますよね。

でも、現代風にアレンジされたのれんは、
インテリアとしての可能性も秘めているんです。

室内の空間をオシャレに演出したり、北欧風や
カフェ風、プロヴァンス風など自分の好みの
雰囲気にすることができるのれんの特徴は、
なんといってもそのデザインにあります。

従来の布を垂らしたスタイルの他、たくさんのひも状の
ものを吊るすタイプも人気を集めています。

布を垂らす方は、その布の長さや幅、模様や
染め方などでデザインのバリエーションが豊富です。使用方法

ビタミンカラーが鮮やかで、健康的で華やかな
雰囲気が広がるフラワー柄もいいですし、単色の
シンプルな布地で、室内に設置してある家具との
色合いの相性を考えて選ぶのもいいですね。

ひも状のタイプは、室内での存在感が控えめなので、
他の家具とも馴染みやすく統一感を邪魔しません。

あえて老舗にあるようなレトロなものを家でも
浸かるのもいいでしょう。

素材や機能性という面でも、のれんはインテリアとして
優秀です。

部屋と部屋の仕切りとして活躍してくれますし、
部屋の中を自然に隠す機能も備えているんですよ。

ミニサイズでも充分役目を果たしてくれます。
風がよく通る場所は、清涼感やや若さを出すために
レースなどの透けた素材のものを使うと効果的です。自宅での設置

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)