海外でも活躍!海外で利用されている「のれん」はどこで制作している?

のれんは、古くから伝わる日本らしい商品です。

のれんがひらりと風に揺れて、さっと光が
差し込むのは、何とも風情があって雅な感じです。

最近では、海外の人たちにも人気があり、
多くの人が購入しています。

のれんは、日本のものという印象が強いため、
その制作の多くは、日本でのオーダーメイドが
ほとんどです。

日本のお土産として自国に持って帰る場合は
より日本らしい古風なデザインが好まれます。

反対に、日本人が外国に行く際にも、お土産として
持って行くと、喜ばれる商品でもあります。

お店の日除けや目隠しなどに利用する場合でしたら、
看板を兼ねたようなデザインで、オーダーメイドする
感じです。個性を出す

横文字やイラストなどを取り入れて、お店の雰囲気に
合ったものを飾れます。

海外のほうが、お部屋のインテリアとして、
様々な使い方をしているように感じます。

たとえば、家の中の部屋の仕切りに利用したり、
人によっては、タペストリーのような感じで壁一面に
貼り付けて、観賞用にしてる場合もあるようです。

わざわざドアを外して、のれんに付け替える
ようなことも。高級感の演出

ちょっと小さいカーテンのような感覚で、
使われる場合もあります。

より日本らしいものを好まれる方は、日本での
制作にこだわりがあるようですが、中には
手作りで個性を出す人もいます。

日本の風呂敷や手ぬぐいを縫い合わせて、
一枚の大きなものに仕立てあげたりして、
手作り感を楽しむことも出来ます。

簡単に洗濯できる利点もあり、海外でも大活躍です。

自宅でも活躍!玄関にのれんを取り付けるメリット

玄関から先の部屋をお客様に見せたくない場合には
のれんが大活躍します。

特に1LDKの間取りなど玄関から廊下や
間仕切りもなく部屋まで見えてしまうような部屋は
宅配便が来たときなどに困ってしまうことも
少なくありません。

女性の一人暮らしであればなおのこと、出来れば
部屋を見通せないように工夫をしたいところでしょう。

しかし、賃貸の場合壁に穴を開けてしまうことが
出来ません。

また、大きな家具などを置いて間仕切りにすると
圧迫感が出てきてしまうものです。役割

そこで、のれんは手軽に設置することが出来る
メリットがあります。

突っ張り棒などを利用すれば手軽に、壁に穴を
開けることなく設置することが出来る上に、
圧迫感を与えることもありません。

また、部屋の模様替えをしたくなれば、
手軽に交換することが出来ます。

季節に合わせて柄を選べば夏は夏らしい柄を、
春は桜などの柄を選べば季節を感じることが
出来ます。昔から愛されている

また、冬場は冷気が玄関から入って来て
部屋が寒いと感じることも多いでしょう。

のれんを設置することで、直接冷たい外気が
部屋に入ってくることを防いでくれます。

部屋の目隠しや間仕切りになるだけではなく、
寒気を入れないようにする機能も持たせることが
出来ます。

特に圧迫感を与えたくない方は種類を選べば
涼やかな印象を与える商品も多く販売されています。

特にストリングのれんと呼ばれる細い紐の
組み合わせで出来ている製品はおしゃれな空間を
演出することも出来ます。

自宅でも活躍!インテリアに合う「のれん」の特徴とは?

のれんは、古くからお店の屋号を布地に
配置することで、そのお店が営業中であることを
示したり、寒さから家の中を守るために
用いられてきました。

今でも老舗のお店で見ることができますよね。

でも、現代風にアレンジされたのれんは、
インテリアとしての可能性も秘めているんです。

室内の空間をオシャレに演出したり、北欧風や
カフェ風、プロヴァンス風など自分の好みの
雰囲気にすることができるのれんの特徴は、
なんといってもそのデザインにあります。

従来の布を垂らしたスタイルの他、たくさんのひも状の
ものを吊るすタイプも人気を集めています。

布を垂らす方は、その布の長さや幅、模様や
染め方などでデザインのバリエーションが豊富です。使用方法

ビタミンカラーが鮮やかで、健康的で華やかな
雰囲気が広がるフラワー柄もいいですし、単色の
シンプルな布地で、室内に設置してある家具との
色合いの相性を考えて選ぶのもいいですね。

ひも状のタイプは、室内での存在感が控えめなので、
他の家具とも馴染みやすく統一感を邪魔しません。

あえて老舗にあるようなレトロなものを家でも
浸かるのもいいでしょう。

素材や機能性という面でも、のれんはインテリアとして
優秀です。

部屋と部屋の仕切りとして活躍してくれますし、
部屋の中を自然に隠す機能も備えているんですよ。

ミニサイズでも充分役目を果たしてくれます。
風がよく通る場所は、清涼感やや若さを出すために
レースなどの透けた素材のものを使うと効果的です。自宅での設置

自宅でも活躍!部屋と部屋をのれんで区切るメリット

伝統的なツール夏場などの暑い季節に部屋の換気をしたいけれど、
ふすまやドアを開けると虫が入り込んでしまうので
どうしたら良いのかと迷っている人も多いです。

のれんはそんな迷いを抱えている方々の
心強い味方になってくれて、部屋に入り込んでくる
虫の数を減らしながら、しっかりと通気性を
高めてくれます。

通気性が優れていながらも、虫が通るような
大きな穴も無い生地も数多く作られているので、
のれんの生地について一度は調べてみてください。

自宅のイメージチェンジをしたい時には、
自分が求めているインテリアのイメージに合わせて
のれんのデザインを変えてみる事もおすすめです。快適な生活

ただ空間を区切るためだけの生地としてだけでなく、
季節感を出すための生地としても扱いやすくて
自宅のイメージチェンジのために活躍してくれます。

季節に合う花が描かれている生地を掲げるだけでも、
十分に美しいイメージを与える事が可能です。

通気性が優れている生地であっても、
シースルーではなく向こう側が透けて見えない
生地も見つける事ができます。

室内のプライバシーを守るための生地としても、
のれんは扱いやすいですから、一度は部屋の
入り口に飾り付けてみてください。

部屋同士を区切るためだけでなく、部屋と
ベランダの区切りとして生地を掲げておいても、
紫外線を遮る事ができて便利です。

自宅の色んな場所で活躍してくれる生地だからこそ、
現在でも多くの方々が愛用をしており、機能性の
高さを実感しています。

介護施設で活躍する「防災のれん」

現代では、お年寄りが多く集まって過ごす
介護施設において、さまざまな防災への取り組みが
行われています。展示会

その中でも特に目立っているのが、防災のれんなのです。

こののれんは、燃えにくいように事前に加工された
特殊な生地を使用していますので、万が一火事の
被害にあった場合でも高齢者たちが逃げる時間を
稼ぐことができると選ばれています。

また、広い部屋と部屋のあいだをのれんで
区切ることによって、個室のような空間を作り上げることが
できて、居住者を落ち着いた状態へと導いてくれるのです。どこでも使える

一人一人のプライバシーを重視することによって、
お年寄りたちの気分を和らげる効果を期待できます。

厚手の生地で反対側が見えないような透けない加工が
されているものも多く、安心して毎日利用することが
できると喜ばれています。

さらに、暑い夏は光や熱を遮って、寒い冬は断熱効果も
高いため、省エネに役立つエコアイテムとしても
介護施設で活躍しているのです。

華やかな柄ものからシンプルで上品な無地まで
豊富な種類が揃っていますので、自由に楽しみながら
選ぶことができる点も大きな特徴といえます。

リーズナブルでお手頃な価格帯も、人気を集めている
理由の一つとなっています。

このように、防災や省エネにも大いに役立つのれんは、
日常生活の中でさまざまなメリットを得ることができます。

周りからの目隠しや断熱、遮光など、上手に賢く
活用することによって、快適な生活を送ることに
つながるのです。